BLOG

ブログ

おはようございます。
スピリチュアルライフコーチの富山美知子です。

ご覧いただきありがとうございます。

今日は食と健康のお話し。

私が調味料を減らし味覚がかわり

心持ちまでかわったお話しです。

今ライフコーチになりその学びの中で

メンター磯一明氏が

お話しすることで

仲間はもちろん私もすごい

体調の変化を感じて

いるのです。

そして

私が看護師の経験や

アーユルヴェーダの学び

沖縄に

生まれた

人生の目的とミッションも

お伝えしたいと思います。

私は中2の時に

倒れた祖母がそのまま

帰らぬ人になってしまった

経験をするのですが

12ステップを受けてみて

改めて

沖縄の健康・長寿社会

を考える事も

私のミッション

だと気が付きました。

苦しそうに息を引き取る

祖母は心筋梗塞だったのでしょうか。

看護学生としてはじめに勤めた

診療所では

予防医療の活動が盛んで

健康大学

糖尿病教室

高血圧教室

一般の方向けの教室を

全て受講

訪問看護では

さらに多くの学びが

ありました。

その後

他の病院で

多くの経験を

しましたが

予防が大事

という私の原点

が確立したのは

当時ではないかと思います。

自粛期間中にzoomで料理教室を

開催するある方に

出会います。

フランスのニースで

ご活躍の

シェフ 松嶋啓介氏です。

その日塩なしグリーンカレーを

学びました。

神様がうちの

キッチンにきたーーー

コメントも

その通りさせて頂きました。

私が魂で感じた言葉です

松嶋シェフは福岡出身で

親戚の方が沖縄料理店を

営んでいらしたそうです。

当時の沖縄そばは出汁が

美味しかったそうです。

私が沖縄出身と申し出ると

沖縄の長寿が現在ワースト

に入るのは

砂糖のとりすぎと

栽培されているのに

ウコンを

地元の方が

とらないため。

そうおっしゃったんです。

私はアーユルヴェーダの食事を学び

いまでこそウコン(ターメリック)

をスパイスとして

とりいれていますが

郷土料理には

ほとんど使われていません。

アーユルヴェーダでは

ターメリックは天然の抗生物質とも

言われているのです。

そして

出汁の取り方

のお話し

それは

奥が深く

歴史をひもとき

動物性の出汁

が主流の

県民性

性格の話しまで

あれから

我が家では

松嶋シェフの

レシピが

食卓に出るのですが

味覚

変わりました。

先日

ある洋食のお弁当を

頂いたのですが

からっ!

これを

当たり前のように

うちなんちゅ(沖縄人)

が食べてたら

あかんーーーー

って

本気で

思ってしまいました。

わたしにできる事

何?

まず、家庭よね。

そして

発信はできるはず。

愛する人が

元気でいるために

調味料を

控えましょう。

塩はぬちまーす

を常備していますが

量がめっちゃ

減りました。

塩分を控えていると

体感として

いらいらがない。

穏やか。

youtubuでは

松嶋シェフ

レシピが

たくさん公開されています。

著書:最強 塩なし料理理論

も購入致しました。

興味のある方はぜひごらんください。

しいたけ&昆布
旨味を利用したいですね。

関連記事一覧