BLOG

ブログ

スピリチュアルライフコーチの富山美知子です。

私には子供が4人いますが、初めて中1になる息子の
定期テストの勉強に付き合っています。

私は勉強は自分でやるもので、やらされる程楽しくないものはないと思っているので、上の2人の試験前の勉強に付き合う事はありませんでした。

3番目も同じと思っていたら違いました。

詳細は省きますが、

中学の自分の時代を思い出しました。

反抗期で、部活は熱心で、寂しがりやで甘えるのが下手で

3番目の息子とシンクロしました。

私は

勉強に関して親に言われた事もついてもらった事も皆無でした。

自分の子供が生まれたら、毎日子供との時間を過ごせて

子供が小さい頃からいっぱい遊ばせて

身体を動かせて、習い事もさせて

それが、親の愛情だと思い

ある日嫌々し始める子供にどうして楽しくないのだろう。

勉強って楽しいものなのに。

と思いながら、継続出来ない子供を

ジャッジしていました。

あの頃から何年たったのでしょう。

自らのやりたいことが出てきたらきっと

自分から始めるでしょう。と思っていましたら

こんなに早く中学1年の定期テストに向き合っているなんて。

社会科地図を眺めているだけで、世界地図 日本地図

各地の様子を空想してしまう私。

暗記だけしているあの頃はこんなに勉強が楽しいとは思わなかったなぁ。

今は息子の自立に向けて

自学自習ができるようになるまで、

付き合いたいなぁとおもいます。

パパも熱い思い(教えてあげたい)があるのですが、

怒られるのが怖いそうで。

勉強が出来なかった者にしか分からない

勉強方法!これが、今私が実践出来ていることかもしれない。

小さい成功体験を積み上げ

社会科のプリントを100点もらえた事は凄い自信と喜びになりました。

目標は人と比べない、昨日の自分を越える事

母ならではの、直感が働くのですね。

イライラし始めたら素早くその場を立ち去る

なんのための勉強なのか

勉強やる子供自身がわからなくて

そこになにが残るのか。

何年か前の私とは全く違う気持ちで向き合います。

以前のイライラした自分もその時の子供達もその時間を

共にしたのも無駄じゃなかったですね。

全ては魂の成長の為の出来事だったのでしょう。

子供が小学生の頃宿題、頑張りノートの呪縛=母親の責任

で何年も過ごしてしまいました。

あの頃の私と先生に伝えたい!

いつか自分がやりたいと思う時がきっと来ますから

決して子供に❌バツをつけないでくださいね。

さあ、

私自身の学びの時間は削るわけにはいきません。

共に一歩一歩成長しましょう!

関連記事一覧